ヘナとデジタルパーマ PROPELLER

西東京、田無、東伏見、西武柳沢で情報量 NO1 髪と肌に優しいサロン!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ヘナ&ナチュラルハーブ

Tags: ヘナ  ヘアカラー  アレルギー  

Comment (0)  Trackback (0)

カラーリングによる痒みや湿疹

続きです。


接触皮膚炎(かぶれ)には2種類あります。

一次刺激性接触皮膚炎 

原因物質の接触によって皮膚の炎症を誘発します。
原因物質の毒性の強さによって、症状の強さが決まります。
アレルギーは無関係なので、誰でも起こりうる可能性があります。


アレルギー性接触皮膚炎

原因物質に触れると、皮膚の炎症細胞が感作されます。
またその原因物質に接触することによって、皮膚の炎症細胞が活発に働き湿疹を誘発します。
原因物質の毒性の強さと症状の強さは相関せず、アレルギーのある人のみ生じます。


一次刺激性接触皮膚炎は過酸化水素やアルカリ剤により起こりやすく、
カラーリングされた事がある方は経験あるかと思いますが、
カラーリング剤を塗ってる最中や後に頭皮がピリピリしたりチクチクしたりという刺激が
一次刺激性接触皮膚炎になります。
これが強い薬剤(ブリーチやハイトーンカラー)になったり、
お肌が弱い人になると刺激が強かったり、赤く腫れたりしてしまいます。

この症状の場合、カラー剤を地肌になるべく付けないように塗るなどの処置で
回避できることが出来ます。塗り方や、プロテクトクリームなどで保護したりすれば
だいぶ緩和できると思います。


アレルギー性接触皮膚炎はカラー剤の主成分であるパラフェニレンジアミン、
パラトルエンジアミンなどのジアミン系化合物にアレルギー反応を起こしてしまう症状です。
アレルギーを引き起こす環境由来抗原が付いたら付いた所が痒くなったり、
薬剤が付いてない関係ない所も痒くなったりする場合が多いです。

この症状の場合は地肌にカラー剤を付けないようにしても、
シャンプーの際地肌にアレルゲン物質が付きますし、
カラーリングを行う際に使う、クロス、カップ、ハケなど
肌に触れるものすべてにアレルゲン物質は残っているといいます。

ですからアレルギー性接触皮膚炎の場合はカラーリングをしないか
もしくはアレルゲン物質を使わないカラーリングをオススメします。


カラーが直接ついたところ以外にも痒みや湿疹などが見られた場合、
アレルギ性皮膚炎が考えられます。


現在プロペラでやっているカラーは

アルカリカラー
ノンジアミンカラー
ハーブカラー
ヘナ

この4種類がメインです。

パッチテストで刺激が有り、症状が出ても成分の中の何に反応しているかはわかりません。

アルカリカラーは、オキシとアルカリ剤とジアミンがが入っています。
これがだめならノンジアミンカラーを使います。
大丈夫ならジアミンが原因の可能性が高いです。
コレもダメならアルカリ剤とオキシが考えられます。
その場合ハーブカラーを選択します。
これはお湯しか使わないのでアルカリ剤とオキシが入っていません。
ただし、脱色力(メラニンを壊す力)がありません。
なので白髪染め、もしくはトーンダウンにしか使えません。
染料はジアミンです。
3つともダメならヘナになります。
植物も立派なアレルギー源ではありますが、ヘナはアレルギーが出にくいそうです。
混ざり物が入っているケミカルヘナや、雑貨品はわかりませんが・・・
ヘナもお湯でとくので、アルカリ剤、オキシは使いません。
染料も植物性なのでジアミン等の化学染料は使いません。
しかし、色はオレンジのみ(^_^;)
インディゴをミックスすればブラウン、くらいになりますが、
決して濃い色ではないのでヘアカラーに比べれば薄くしか染まりません。

全てはうまく行きませんが、少しでも参考になれば幸いです(^^)

カウンセリングや相談だけでも遠慮無くご来店ください!
ホームページの問い合わせからのメールでもオッケー!




PROPELLERのホームページ!



Hanahennaブランドのヘナが通信販売で買えるようになりました!
ヘナのネットショップ




プロペラでは高濃度炭酸泉、T2sysを導入しています。
T2sys炭酸システム



中央線武蔵小金井、プロペラの姉妹店
Hummingbirdのホームページはこちらから!



3号店、東小金井Abientotのホームページはこちらから!


クリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村





西武新宿線 デジタルパーマ 西東京 西武柳沢 ハナヘナ クリープ ヘナにパーマ ビビリ 
パーマでちりちり 縮毛矯正 ポリイオンコンプレックス 香草カラー 炭酸ジェル 
美容室 プロペラ 酸性カラー ハーブカラー nash ブロー矯正 メンズカット 脱洗剤


スポンサーサイト

Category: ヘナ&ナチュラルハーブ

Tags: ヘナ ヘアカラー  アレルギー  

Comment (0)  Trackback (0)

カラーリングがしみる、かぶれる

美容室のメニューに欠かせないカラーリング。
白髪が気になる、イメージを変えたいなど、
ヘアースタイルを提案するうえで無くてはならないものです。

しかし、ここ近年カラーリングで痒みが出た、かぶれた、などの質問が
多くなった気がします。

美容室に限らずですが、花粉症やハウスダスト、アトピー性皮膚炎など
皮膚疾患は時代とともに増え続けています。

抵抗力がなくなってきたのか?
環境汚染か?

色々原因はあると思いますが、
美容室なりに調べてみました。
少しでも参考になればと思います。

とりあえずカラーリングに関して。
カラーリング剤の主成分は、
パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンなどの酸化染料です。

使用時に過酸化水素水と混合することにより酸化発色し、
毛髪を永久的に染めます。


同時に過酸化水素による毛髪中のメラニン色素の脱色が起こるため、
染料の配合濃度に応じて「白髪染め」から「おしゃれ染め」まで、
色調の異なる染毛が可能となるのです。
カラーリングのほとんどが、この方法です。

特にパラフェニレンジアミンは暗褐色を作る上で欠かせない染料です

日本人ように元々黒髪の人種は白髪を染める=黒ベースになります。

だから白髪を染めるためにはこのパラフェニレンジアミンに頼るしかないのです。

ジアミン系の酸化染料は、体質によりかぶれ(接触皮膚炎)を起こすことがあるので、
使用前にパッチテストをやった方がよいでしょう。



その2へ

facebook
便利なネット予約はこちら

友だち追加数 西武新宿線 デジタルパーマ 西東京 西武柳沢 ハナヘナ クリープ ヘナにパーマ ビビリ  パーマでちりちり 縮毛矯正 ポリイオンコンプレックス 香草カラー 炭酸ジェル  美容室 プロペラ 酸性カラー ハーブカラー nash ブロー矯正 メンズカット 子供オッケー GMT 酸性パーマ トリートメント 艶 修復 白髪染め カラーかぶれ ノンジアミンカラー アレルギー 湿疹 脱シャンプー ケラチンPPT ツヤツヤ矯正 HotPepper ホットペッパー予約
プロフィール

西武柳沢美容室プロペラ

Author:西武柳沢美容室プロペラ
  
美容室 PROPELLER

☎ 042-452-8321
  
    予約専用ダイヤル 
    ⬇
    080-8886-4772

スタッフ募集中!!

受付時間 
 平 日 10:00~19:00
 日,祝 10:00~18:00

西武新宿線
 西武柳沢駅徒歩5分
 柳沢通りバス停前

西東京市にある
スタイリスト一人の
小さな美容室です。
PROPELLERでの時間を
楽しんでください!

hanahenna取扱店
高濃度炭酸 T2sys 設置店

定休日のご案内
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お問い合わせはこちらから!
料金やメニューについてのお問い合わせはメールでお願いします!スタッフも随時募集中!
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。